タマムシ拾いつつ


2017.06.24

サークルのイベントで日帰りで某所へ行きました。
私は来年からお世話になる場所です(汗)




大学のキャンパス内で…
イチゴ類、だけど何イチゴなのかちょっと分からない(汗)






ヒラタチビタマムシ
Habroloma subbicorne (Motschulsky, 1861)


シロオビナカボソタマムシ
Coraebus quadriundulatus Motschulsky, 1866

先輩が見つけていたシロオビナカボソのポイントでは初採集のヒラタチビタマムシが採れました。
つくづく縁がないと感じていたシロオビナカボソも今回はさすがにちゃんと採れた…

今まで見てきたイチゴとはどうやら違う種類のようでした…
東京のシロオビナカボソがイタドリに多くついていたように、植物の好みに地域差でもあるんでしょうか…?
コナラ食べるやつとかもいるみたいだし…



待ち時間、適当に植物を眺めていたら…



(なんか、この葉の食痕チビタマっぽいよな…?)









マメチビタマムシ
Trachys reitteri Obenberger, 1930

いたーー!!!!

そうか、これがヤブマメだったのか!!
中々見つからなくて…かなり困ってたけどこんな所で見つけられるとは(汗)

しかも周囲をよく見ると何匹もマメチビタマムシが見つかりました。
これは嬉しい…とか思っていたら


上からナガタマが降ってきた。



ケヤキナガタマムシ
Agrilus spinipennis Lewis, 1893
(ゴム化してボロボロになってしまった…)


マジかよ…(汗)




えーっと…来年からここに通うことになるんだよな…?(汗)



また別の場所で。



ソーンダースチビタマムシ
Trachys saundersi Lewis, 1893

山道を歩きつつ、横の植物を見ていたらソーンダースが見つかりました。
ウツギもたくさんあって、たくさん見られましたが写真は難しかった…(汗)





201706242134437d9.jpg
ギンリョウソウ
Monotropastrum humile (D.Don) H.Hara

腐生植物…って何だ?
花咲いてるけど、植物より菌類に近い感じなのか……?

よく分かんない…(汗)

先輩方の植物知識の豊富さがとても羨ましかった…(汗)
来年から授業で色々覚えさせられるみたいです(笑)




カラフトヒゲナガカミキリ
Monochamus saltuarius (Gebler, 1830)

マツノマダラカミキリが媒介する松枯れの原因となるマツノザイセンチュウ…は知ってたのですが、
ニセマツノザイセンチュウなるものが存在することを初めて知りました(こちらは松枯れとは無関係)
このカミキリがそれを媒介するのだそうです。

天気があまり良くなかったので、材はあってもタマムシは飛来していませんでした…

一応網持ってきてたので、見晴らしのいい場所で少しだけスウィーピングもやりました。
で、ナガタマムシが一頭入ったのですが…


色や大きさがアオグロナガっぽかったのでスルーしようか迷って、結局持って帰りました。





シラケナガタマムシ
Agrilus pilosovittatus E. Saunders, 1873

自信ないけど…これが一番しっくりくる気がする。
ちょっと暗めの毛がないタイプ?
アオグロナガじゃない時点で初採集を期待したのですが…そんなに上手くはいかないようで(汗)

これで、アオグロナガと思っても簡単にスルーしてはいけない事が分かった(汗)
採集の時にマイクロスコープ持ち運んだほうがいいな。TG-4だと時間かかって面倒だし。








キクスイカミキリ
Phytoecia rufiventris Gautier, 1870

帰り際、先輩が見つけてくれました。
地味に初採集で嬉しかったけど、、、6月後半でまだ生き残りがいたことにまずびっくりです(笑)
春先のカミキリなイメージしかなかった…






はい、そんな感じで今回もざっくり紹介するだけで終わりです(笑)
もともとガチで採集やりに行った訳でもなかったので、タマムシが色々採れてくれて嬉しい…っていうか初採集2種出てびっくりです(汗)

先輩方を見てる限り忙しくて今ほど採集には出れないとは思うけど、来年以降も楽しみになりました。
今年のうちにやれるだけのことやっときたい…

とは言え…離島遠征のハードルは今もまだ高い。
ていうか、行きたい島も狙いたい虫も全然定まらない(汗)

とりあえずはちょい遠征で狙えるタマムシからやっていくことになりそうです…




【結果】 ※色付きは自己初採集

シロオビナカボソタマムシ
Coraebus quadriundulatus Motschulsky, 1866
1ex.

ケヤキナガタマムシ
Agrilus spinipennis Lewis, 1893
1ex.

シラケナガタマムシ
Agrilus pilosovittatus E. Saunders, 1873
1ex.

ソーンダースチビタマムシ
Trachys saundersi Lewis, 1893
1ex.

マメチビタマムシ
Trachys reitteri Obenberger, 1930
4exs.

ヒラタチビタマムシ
Habroloma subbicorne (Motschulsky, 1861)
1ex.

カラフトヒゲナガカミキリ
Monochamus saltuarius (Gebler, 1830)
1ex.

キクスイカミキリ
Phytoecia rufiventris Gautier, 1870
1ex.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント